バナナダイエットの失敗とお腹がすく理由・対処法

バナナダイエットの失敗とお腹がすく理由・対処法

バナナダイエットの失敗とお腹がすく理由・対処法

 

誰もが一度は「バナナダイエット」を耳にしたことがあるのではないでしょうか。一時期バナナダイエットはブームになったので、実際に挑戦した人もいるのではないでしょうか。

 

バナナダイエットとは、毎朝朝食バナナを1本、常温の水と一緒に摂取するだけのダイエット方法です。昼食と夕食は通常通り食べれるので、その点はうれしいダイエット方法です。

 

バナナダイエットとは?

バナナダイエットの失敗とお腹がすく理由・対処法

 

しかし、正しい知識を持ってバナナダイエットをしないと、ダイエットに成功するのは難しいです。バナナ1本じゃ足りないからと、たくさん食べてしまえば、もちろん減量はしないでしょう。バナナダイエットは誰にでもできる簡単なダイエット方法ですが、その分注意しないといけないことも多々あります。

 

でももちろん食べすぎてはいけません。朝バナナだけでお腹がすいてるから、昼と夜をいつも以上に食べてしまえば逆効果です。でも、バナナダイエットは確かに簡単にできるダイエットなので、誰にでも簡単にチャレンジできるのやポイントです。

 

バナナダイエットでお腹がすく理由と対策方法

バナナは消化されやすく、胃内停滞時間は約1時間ぐらいと言われています。朝早く張り切って朝ごはんにバナナを食べてしまうと、昼食までにお腹がすいてしまいます。生活のリズムにより様々ですが、朝食は昼食の4時間前に食べると良いとされているので、昼食が12時であれば朝の8時にバナナを食べると良いでしょう。

 

またバナナダイエットを数日続けてみて、やはりお昼までにお腹がすいてしまう場合は、バナナに少しだけ何かをプラスしましょう。この何かは、ヨーグルトやナッツ、オレンジやキウイフルーツなどで、カロリーも低めで健康的なので、どうしても空腹に耐えられないときのお助けになります。でももちろん食べすぎには要注意です。あくまでもバナナのプラス食材と考えてください。

 

バナナスムージーの栄養価

バナナダイエットの失敗とお腹がすく理由・対処法

 

生の野菜や果物をミキサーで混ぜた飲み物スムージーは、素材の持つ栄養価を損なうことなく、まるごと摂取することができる健康的なドリンクです。バナナ一本で約86キロカロリーと低カロリーな上、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なので、健康にも美容にも良いのです。そんなバナナを今注目のグリーンスムージーと混ぜたら栄養価の高いスムージーができるでしょう。お味の方も、バナナは甘いのでグリーンスムージーとの相性はばっちしです。

 

バナナの糖質には、ブドウ糖や果糖、ショ糖などがあり、これらの糖質は体内への吸収が非常に緩やかなので、腹持ちが良いのが特徴です。ブドウ糖は脳のエネルギー源となるのが早いため、疲れている時やブドウ糖を摂取するとなんとなく頭がすっきりすることでしょう。

 

また果糖はバナナの糖質の中で一番多く含まれていている糖質です。これは、血糖を上げにくく、ゆっくりと体内に吸収される特徴があります。バナナが太りにくい体を作りやすいと言われているのは、果糖が多いフルーツだからです。

 

バナナダイエット失敗例

バナナダイエットの失敗とお腹がすく理由・対処法

 

バナナダイエットは、朝食にバナナを1本食べ、水を飲む、昼食と夕食は通常どおり食べてもよいというとても簡単なダイエット方法です。しかし、このダイエットにチャレンジた人で失敗した人もいます。こんな簡単なダイエットなのになぜ失敗してしまうのでしょうか。

 

まず、生のバナナを食べないといけないということです。焼きバナナやフローズンバナナなどを食べると生バナナより栄養価が下がってしまう為、ダイエットには不向きです。
そして常温の水を飲むことにもダイエット成功の意味があるのです。水の代わりにコーヒーや紅茶を飲むのは、カフェインが入っているので避けましょう。カフェインは、ビタミンやミネラルを壊してしまい、バナナの栄養価を下げてしまいます。ほかには、バナナに飽きてしまったから、違うフルーツで代用してしまったなんて言う失敗例もあります。

 

バナナには私たちの体に必要な栄養価がいっぱいです。なので、バナナに近い栄養価があるフルーツなら大丈夫な可能性はありますが、違うフルーツでトライしてみたというのは栄養の面で危険かもしれません。そして一番の問題は、昼食と夕食を食べすぎてしまったということです。

 

朝がバナナと常温の水だけなので、もちろんいつも以上にお腹はすくはずです。このダイエットは、昼食と夕食は普通に食べていいので、朝ごはんが少ない分、ついついほかの食事で食べ過ぎてしまうのです。また夕飯を食べてから4時間以内には寝ないようにしましょう。特に揚げ物を夕食に食べた日は、揚げ物の消化に時間がかかります。食べ物が消化しないまま寝てしまうと、体重の増加の可能性だけではなく、胃もたれの原因ともなりえますので、気を付けましょう。

 

バナナダイエットを見てきましたが、私もチャレンジしてみたくなりました。バナナと常温の水だけでできる簡単ダイエット、自分の意志さえしっかりしていれば、ダイエットに成功すること間違いなしです。このダイエットをする上での注意点を守り、正確なバナナダイエットが出来れば、心身共に健康になれますね。

page top