collcoll.jp公式!太るサプリで体重をアップさせる為に必要なこと

太りたい方必見!太るサプリを飲んで体系を整える!

太るサプリを飲んで3ヶ月で太りました。というかリバウンドしましたよ。それまで半年間ぐらいダイエットをしていて、そして8キロ近く落としたんです。しかしものの2ヶ月ぐらいで5キロの体重が増えて、そこからは徐々に徐々に増える形で最終的には10キロ近く体重が増えてしまいました。

ですからダイエットをスタートする以前よりも、プラス2キロ増やしてしまったということでしょうか。ダイエットをして体重が8キロも落ちていた時は、「あれ?痩せたんじゃない!」と驚かれたものです。久しぶりに会った人には、「どうしたの!?いきなり細くなったね」なんてことも言われたものです。

しかしリバンウンドをして太ってしまいますと、ほとんどの人はノーコメントでいてくれますね。痩せたことよりも、太ったことの方が見た目的には変化に気がつきやすいものですけれど、太ってしまった時の方ではみなさん気を使ってくださいますから。太ってしまったことについては、みなさん見事にノーコメントでいてくださいますよ。けれどもそれが逆に申し訳なくって…。

けれどもまあ、何に一番申し訳ないかと言われたら、それは服に対して申し訳なさがありますね。「ごめんね、前はスルッと入っていたのに、今はパンパカパンに引っ張ってしまって」といったように。体重が2キロでも違えば、服を着た感じも変わるものなのですよね。ですからデブッたらまずは服の着心地で気がつきますから。太るサプリを飲んで頑張りました。

もうね、ズボンとかまさにパンパカパンパンなわけですよ。それに二の腕なんかもパンパカパンで、ちょっとピタッとしたカットソー(とはいっても私にはピタッとしてしまうだけで標準サイズ)を着ますと、常に苦しくて仕方がないわけです。ですから「着心地が悪い」という感想にもなるわけです。

けれどもまあ、服が悪いわけではなくて、ひとえに太った私が悪いのですけれど。そして、「もう少しぐらいは痩せなきゃなー」とは思っていますよ。けれども一度、折れた心はなかなか戻らないのですよね。ですからなかなかダイエットをする気持ちになれなくって…。ダイエットしなくちゃいけないとは、常々思っているのですが。

しかし本格的な夏が始まる前に痩せておかないといけないというものです。だって、太っていますと体感温度が違いますからね。太っていると暑いんですよ。偉い学者さんとかが「太っている方が体が冷えやすくなる」とか言っているかも知れませんが、実際にデブこと私が「太ったらなんか暑い」と思っているのですからね。まあ、痩せなきゃということですが。”
“喪服なんてそうそう着る機会がないので何年も前に買ったものをクローゼットにずっとしまっていました。初めて喪服を着たのは23歳のころで、それ以後喪服を着る機会は7年後の七回忌までありませんでした。
久しぶりにそれを着る機会がやってきたので、袖を通してみました。

確か服は13号だったから着れるよねと安心して着ようとしましたが、その時は本当に言葉が出てきませんでした。とてもきつい、普段13号の服を着ているから着れないことはありませんでしたが、細身のデザインの喪服はおなかがピチピチで突っ張っていました。上着のボタンの縫い付けも緩くて心もとなかったです。もう7年になるもんね、昔にくらべて運動量も減っているから当然のことかと思いました。毎日鏡で自分の姿を見ていたし自分ではそんなに太ってないと思っていたので驚きは大きかったです。服って正直だなとその時は素直にそう思いました。

買いなおす時間がなかったのでその喪服を携えて母の田舎まで向かいましたが、そこにはおばあちゃんの葬式以来一度も会っていない親戚一同がいて、何だかとても気まずかったです。相変わらずピチピチのおなかと腰回りで、私は始終姿勢をぴんと伸ばしお腹をへこませていました。

太りたかった人の太るサプリ体験談

法事が終わった後、黙ったままなのも変なので私は同い年のいとこ(女)に声をかけました。
「久しぶりやねぇ、元気だった?」

「てか○○ちゃん太ったよね」
第一声がそれか。そりゃ7年も経ってるし、自分が太ったことは分かっているし、今日もこのぽこんと出たお腹は妊婦さんみたいだろうよと思いましたが、何だか腹がたちました。いい子ぶって声なんかかけなくてもよかったなと思いました。初音ちゃんもびっくりです。
「うん、太ったよ」
一言そう言って喋るのをやめました。というか、いとこは私の母と姉と喋っていたので私は別にいりませんでした。早く帰りたかったです。
そうして、私は母たちと別れて自分の下宿先に無事に帰ることが出来ました。喪服の上着のボタンはちぎれることはなくそれが本当に良かったと思いました。太るサプリも買いました。

毎日自分を見ていてもその変化には気づきにくいですが、久しぶりに会った人や久々に着る服は本当に正直だなと思います。今さらですが、ようやく体重計を購入し、日々の変化に対して目を光らせるようになりました。30台になると痩せにくくなるというのが分かるようになってきましたし、毎日のチェックによって日々の健康管理を行っていくことはとても大事なことだと思います。若いノリで無理をしたらダメなんだなということと、これからは体の健康に気を付けていかなければならないんだなという大人目線になりました。

これはわたしが高校生のときに悩みに悩んだことについてのお話です。わたしが本当に悩んだことというのは太ったということです。え、それだけ?しょうもない、そう思った人も多いことでしょう。しかし、わたしがこんなにも悩んだのには色々な理由がありました。その経緯と理由について話していこうと思います。

まずはわたしの幼少期の頃のおはなしです。わたしは普通の体型のお父さんと、小さなころからガリガリで食べても食べてた太ったことのないという体質を持つお母さんとの間に生まれました。だから、おそらく遺伝なのでしょう、小学生の頃までのわたしは何を食べてもまったくもって太ることはありませんでした。だから、回転寿司へ行っても15皿くらい普通に食べるし、ラーメン大盛りに中ライスに餃子なんてペロリと食べ切れるくらいの胃袋を持っていました。給食だって男の子の中に混じっておかわりのジャンケンをしていたくらいです。

やっぱり太るサプリを飲む事が一番効果的であることに間違いはありません。太るサプリを飲む事によって必要な栄養分をゲットできますしなんといっても身体の中身から変えていくことが可能なのです。

詳しくは、太るサプリランキング〜管理栄養士が伝授する太りたい方必見の方法でも分かりやすく解説されているので参考にすると良いでしょう。

現に内科の先生に胃下垂だとの診断も受けていたので、おそらく消化が人一倍早いということでしょう。日焼けもあまりしなかったので、細くてガリガリで白くてガイコツみたい、おばけみたいとある意味煽られていました。あの頃は細い自分が嫌で、太りたいけど太れなくて苦しんでいました。でもそれを友人に伝えれば嫌味かと言われました。今思えば本当に素敵な素晴らしい体質でした。しかし中学生の頃から風向きが変わったのです。

中学時代も相変わらず同じ体質を貫いていたわたしでしたが、高校受験の時期になって部活を辞めたころから何かが変化しました。それは少しずつお腹が出て太り始めたのです。友人からは細いと言われつつも、一年生の頃より太ったよねと言われていました。その頃はまだ痩せようとはかんがえていませんでした。

高校生になって、さらにこの太っていく体質の変化は大きくなっていきました。同時に部活ではキツイ筋力トレーニングもしていたので筋肉によって足や腕はどんどん太くなり、ほぼ肥満体型といっても過言ではないくらいに太りました。私がこの体型になって恐れているのは、同級生に会うという事です。かつての同級生たちはみんな私のことをガリガリだという認識でした。あだ名になって煽られるほどでしたから、さすがに私がガリガリだったという結びつきを忘れるものはいないでしょう。成人を迎えた今、怯えるのは成人式に迎える同窓会です。そのころまでに小学生の頃の体型に…戻れません。”
先月50才になった主婦です。子供の頃からどちらかというと、ぽっちゃり体形でした。でもけっしてデブではなく、あくまでもぽっちゃり。それが15才、中学卒業くらいまで続きました。高校生にもなると彼氏がほしい。周りには彼氏がいるクラスメイトが何人かいましたが、そういう子は判で押したように、ほっそりスリム体形です。もちろんダイエットに励みました。油物、炭水化物抜き、間食抜き、ジョギングで10キロ痩せ、見事彼氏が出来ました。

体質が変わったのか新陳代謝が良かったのか、そのままぽっちゃりを卒業。スリムまではいきませんが、普通の体型を長らく維持していました。30才までは。30才くらいからまた太り始め、再びダイエット。またまた同じ方法プラス減肥茶を朝コップ一杯。また痩せ始めて元通りの体形に。そんな事を繰り返して現在50才。はっきり言ってこでぶの域に達しています。45才頃から、世間で言われる中年太りでしょうか。まず下腹に肉がつきはじめ三段腹になりました。そして背中や腰の周りにもうっすらと。足の太さは若い頃と変わらないのですが、二の腕が明らかに太くなりました。肩が出る服はもちろん、半袖のTシャツも袖が短めのはとても着れません。余計にデブに見えるからです。夏場は七分袖を着用するようにしています。白一色の服も、夏は涼しげでよく着ていたのに、もう着ることが出来なくなりました。膨脹してコデブを通り越して、本当にデブに見えるからです。パジャマくらいならいいだろうと去年の夏、白いだぶっとしたロングTシャツ型にレギンスが付いたパジャマを買いました。が、中学生の息子が、「何かにソックリ、わかった、ベイマックス」二、三回着てやめました。

今まで着ていた服は入るには入りますが、背中についた肉がはっきりわかったり、腕がパンパンに見えたりで、ほとんど着る気がしなくなりました。デブに見えるのです。窮屈そうに見えるのです。少しでも細く見える服はないか、あれこれ見に行き試着しますが、どうもおかしい。何を着てもデブに見えます。そこまでのデブじゃないのに。それがつい最近、良い事を発見しました。しまむらに大きいサイズのコ-ナ-があるのですが、今までプライドが邪魔して避けていました。でも試しにと一度試着してみました。どんな感じか見たかったからです。わざと白いカットソーを試着しました。ベイマックスに見えるか、それとも…。恐る恐る鏡に移すと、なんと、細く見えます。横から見てみました。こっちも細い。他にも何着か試しましたが、ほとんど服が細く見えます。ピッチリした物より、ある程度の余裕があった方が細く見えるみたいです。もうプライドなんか捨てました。それからはしまむらやその他の大きいサイズの場所で服を買っています。やはりこの年になっても、なるべく太って見えないようする。そんな心がけを持ち続けたいです。

太るサプリおすすめです!

太れることも才能の1つ食べればすぐに太ってしまうという体質

私は幼いころから食べることが大好きで、食欲がすごく、食べればすぐに太ってしまうという体質です。食べるのが好きといってもやはり体型は気にしていないわけではなく、できれば食べても太らない方がいいとは思っており、いくら食べても太れなくて困っているという人を見ると心底羨ましいと思っていました。
しかし、今では太れるということは決してマイナス面だけではないと感じます。
まず、食べたら太るというのは、生物学上当然のことで、摂取カロリーが消費カロリーを上回れば当然太ります。したがってたくさん食べてその分太るというのは、内臓が正常に機能していることを意味しますし、逆に言えばきちんとした食生活を送っていれば、スリムな体型を維持できるということになります。
そして、私がこの体質で最も恩恵を受けていることは、肉体改造をしやすいということです。
私は大学時代から筋トレにはまり、とにかく筋肉をつけて体を大きくしたいと思っていました。そして筋肉をつけるうえでは、当然ですがまずは筋トレをしっかり行うことが前提となりますが、それと同じくらい食事も大事になります。特に増量期といって、筋肉量を増やす時期には、タンパク質だけでなく炭水化物も多く食べて、体重全体を増やします。
この時脂肪も付きますが、あくまで筋肉量の絶対量を増やすことが目的ですので、とにかくこの時期はたくさん食べて大きくします。
見た目としては多少見苦しくなりますが、確実にこの方法は筋肉量を増加させます。
そしてこの増量期が終われば、今度は減量期として脂肪を落とす作業に入ればいいので、食事の量を調節します。そして脂肪をうまく落とせば筋肉が残り、筋トレ前よりもたくましい体になります。
私はこの方法で、体重を1時期90kg程にまで増量させ、その後75kgほどにまで絞った経験があります。トレーニングを行う人間にとって、増量期にいかに体を大きくできるかが勝負ですので、思うように体重を増やすことができる私にとっては楽な時期でもあります。
いくら食べても太れない人は、増量期にトレーニングをたくさん行って食事量を増やしてもほとんど体型は変化しません。よって、筋肉を増やして大きくすることはかなり難しくなります。当然、筋肉に興味のない人にとってはそれでもいいと思いますが、私のような太りやすい体質の人間でも、努力次第で細くなることも可能ですので、選択肢があるという点で、有利な体質だと思っています。

仕事のストレスとスナック菓子で太る為の方法

妻と2人の子どものいる普通の42歳、サラリーマンです。
私は、1年の間に体重が約13kgも太ってしまいました。太ってしまった原因は、夜中のスナック菓子とジュース、お酒です。夜中のスナック菓子が、身体に悪いことは十分にわかっていたのですが、仕事のストレスから食べることで気分転換をしていました。それが良くなかったのですね。
しかも、スナック菓子を食べながら清涼飲料水やお酒を一緒に飲むという、とても身体には良くない食生活でした。
もちろん、仕事が終わってから家に帰って、家族と一緒に夜ご飯も食べていました。夜ご飯は、おなかいっぱいに食べているのでスナック菓子は、たくさんは食べられないはずなのですが、なぜかお腹がいっぱいでもスナック菓子はたくさん食べれてしまうのですね。スナック菓子は、塩分を多く使っているものもありますから、当然のようにのども渇きます。
そうすると、ジュースを飲みたくなりますね。この時期、我が家の冷蔵庫には清涼飲料水が常に2~3種類は常備されていました。そして、カクテルやチュウハイなどの割と甘いお酒も常備されていました。そして、しょっぱいお菓子を食べたら、甘いお菓子も食べたくなるのが人間というものです。仕事が医療・福祉系の職業なので、糖尿病や高血圧についての知識は、十分にありましたから、夜中の間食についても自分でコントロールできていると勝手に思い込んでいたのですね。
また、この時期は少しずつ仕事も忙しくなり、仕事のお付き合いでお酒を飲みに行くことも増えてきました。それも、少しずつ、僕の体重を増やすことにつながってい行ったのだと思います。こんな生活が、会社の健康診断の時期まで続きました。
健康診断の当日、驚愕の結果を目にすることになりました。体重を図った際に何と自分が思っていたよりも、体重が大きく増えていたのです。自分の甘い考えでは、「せいぜい5~6kgぐらいは太ってしまったかな?」と思っていました。
それが、何と13kgも増えていたのですから、自分の目を疑いました。人間は、驚いた時に二度見をするというのは映画の中の話だけではなかったのですね。
後日、健康診断の結果を見て、再度、驚きました。常識で考えると当然なのですが、体重の他に中性脂肪や血中コレステロールも増えていました。「さすがに、これはヤバイ!」と思いました。この結果を、妻に見せるべきかを悩みましたが、隠さずに見せました。
ものすごく、怒られました。「いくら仕事でストレスが溜まったとしても、自分ひとりの身体ではない!もう少し、自分お健康に気をつけてください!」みたいな事を、まくし立てられるように怒られて、目が覚めました。
現在は、妻のヘルシーな手料理で少しずつ体重が減り始めています。
食後には、週に3回、往復5キロのジョギングも始めました。
もちろん、夜中の間食は卒業しましたよ!

太り、痩せる努力をして、行き着いた思いと太るサプリ

「太ってしまったって皆焦りだすけど、そんなに焦る必要あるかな?」
と思っていた時期もあるくらい、私は学生時代に太った経験がなく、いつも周りの女子たちの焦り具合に逆に焦るといったタイプでした。

私は胃腸が昔から弱かったせいか、きちんと食べているのに(むしろ周りから結構食べるねと言われるくらいでした)、肉付きが良くならなかったため、体重を気にしている子たちのことが少し羨ましいと思っているくらいでした。

そんな私にも、その頃の周りの女子たちが言う「太ってしまった」と思う時期がやってきたのです。それは、20歳の時でした。

精神疾患を患ってしまい、たまたま処方されたお薬が食欲を増やす副作用を引き起こすものだったようで、私は次第に太っていきはじめました。
調子が悪く家から出られないのにも関わらず、とにかくお腹が空いてしまうため、昼夜構わずラーメンやふりかけご飯を食べまくっていたからです。
そんな生活を送っていると、やはり体重にも影響が出てきます。ほんの半年ほどで体重は15キロも増え、少し前まで履くことの出来たジーパンが入らなくなったため、ワンサイズ大きめのものを購入する羽目になってしまいました。

しかし、その時私は大きめのパンツを購入する際、少なく、そして安いものを購入しました。
そう、「太ってしまった」と焦っていたからです。少しでも早く痩せるためには甘えは禁物だと思い、すぐに痩せることを目標と掲げることにしました。

さて痩せよう、と思ってから実際に痩せるまでの道のりは長かったです。
太るほうが簡単でした。学生時代に抱いていたものと真逆の気持ちで、初めて、その頃体型を気にしていた周りの女子たちの気持ちが分かったような気がしました。
散歩・空腹時の我慢を日々コツコツと重ねた結果、ようやく太りきった体型が標準体型へと戻っていったのは、22歳の頃でした。太ももに線が少し残りましたが、ハーフパンツやスカートを履くと見えない位置だったのが救いだと思います。

私が太り、そして痩せる努力をした後に思ったことは、「太って良かった」でした。
あまりそういう感想は聞かないのですが、何故かというと「痩せすぎて不健康に見えていた私が、標準体型になることが出来た」という喜びが生まれたからです。
痩せすぎていると人から「すぐに折れちゃいそうだね」と言われたり(実際は骨折しないほど骨は頑丈なのに)、胸が大きくならずまな板のような感じで悲しかったので、ほど良い肉付きを維持出来ている今の自分の体型のほうが、個人的には女性らしさを感じることが出来て嬉しいです。